HOME>コラム>事故車を買取に出す前にチェック!査定額アップの秘訣を知ろう

事故車を買取に出す前にチェック!査定額アップの秘訣を知ろう

事故車

事故車とは

交通事故などの影響を受けて、自動車の骨格部にダメージがあるものを事故車と呼んでいます。自動車の安全性能は、その基礎となるメインフレームによって決まります。事故によってその部分に被害が生じると、剛性や耐衝撃性などが一気に低下するからです。中古車査定の場面では、骨格部に及んだダメージをたとえ修理したとしても、性能的に低い事故車として判断されます。査定においては、骨格部の修復歴がないかどうかチェックされます。さらにスタッフが実際に確認して、亀裂や破損などが骨格部に生じていないかも見ます。どちらかに該当する自動車は、どんなに外観がきれいでも事故車として査定が進められます。なお、ボディをぶつけたりこすったりといった軽度な破損については、骨格部に影響がない限り事故車とは言いません。

お金と虫眼鏡

査定額アップのポイント

以前は事故により破損した自動車は、廃車する以外に選択肢がありませんでした。しかし現在では、事故車であっても買取を行なっているお店はたくさんあります。様々な費用がかかる廃車を選ぶより、売却益が期待できる買取を利用した方がお得と言えるでしょう。高く買い取ってもらうには、ボディや車内をきれいにするなどして、良い状態でお店へ持ち込むことです。そうした自動車であれば、お店に並べる前の手間が省けるので査定に良い印象を与えることが期待できます。持ち込むお店についても、事故車を買い取ってくれるところを選ぶようにしましょう。海外における日本車の需要は高まっており、そちらで販売するルートを持っているお店なら高値で買い取ってくれます。部品取りの需要もあるなど、事故を起こした自動車であっても売却を諦めることはありません。

広告募集中